「性能比較」タグアーカイブ

digicame-Info:ニコンD850がDxOMarkのセンサースコアで「100」を達成

digicame-infoさんで、DxOMarkのセンサースコアーが100を達成しているという報告がされています。

http://digicame-info.com/2017/10/dxomarkd850.html

いや、すごいですね。100ですよ。前人未到です。
D5や、α7R II 、 5DsRを大幅に超えて、D750が93でNIKONで一番よかったというのも超えてしまっていますね。

元記事のDxOでは、

Nikon D850 Sensor Review: First DSLR to hit 100 points

翻訳すると、

Nikon D850の最初のフルフレーム裏面照射型センサーは、最初のデジタル一眼レフセンサーとして100ポイントの総合DxOMarkスコアを達成し、画質の新しい礎を切り開きました。

D850の主な強みは、低感度のISOにおける優れたカラー(ポートレートスコア)とダイナミックレンジ(ランドスケープスコア)です。
今までテストしたすべての市販のカメラの中でもナンバー1にランクされています。

D850は14.8 EVの優れたダイナミックレンジ、色再現性では、26.4ビットを低感度で達成し、45.7Mpという巨大な解像度を誇っており、ランドスケープ、スタジオ、ポートレイトはもちろんのこと、雑誌編集および広告カメラマンが求める大きな再生と印刷のために求める画期的な画質になっている。

ISO 2660のISO(スポーツスコア)は他のスコアにはあまり影響しませんが、それでもなお非常に受け入れられる結果であり、センサーのサイズ、解像度、ピクセルピッチを考慮すると、D850のかなり良好なISOパフォーマンスである。

D850の低感度での色再現性は、DSLRでは突出して比べられるものは無比です。が、ミラーレスソニーA7R IIとフルフレームコンパクトRX1R IIはかなり近いです。
D850の色再現性は、Phase One IQ180などの中判デジタルのセンサで見られた最良の結果と同レベルで、Phase One P65よりも少し先行しています。

って、PhaseOneと比較されるぐらいってドンだけなんだと思いますね。いやはや、NIKONの底力を知りました。