「ニコン」タグアーカイブ

ミラーレスでソニーが2位(デジカメウォッチ)

デジカメウォッチにて、ミラーレスの分野でソニーが2位という記事が出ています。

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1088657.html

結構な衝撃ですね。

熊本地震があった2016年は台数シェアがとどまったものの20%。そこから2017年の上期で29%を獲得。

それも量販の販売台数から調べるGfKですからね、一般的なユーザーから支持を受けているのでしょう。

α9が売れているというのは、言われればそうなのかな?と思うのですが、周りで持っている方をあまり見かけ

ないなぁー。というのが私の本音ですが、どうなんでしょうかね。

さらにこの後α7R IIIが登場するわけですから、ソニーはさらに伸びていくでしょうし、来年には

400mm f2.8の報道・スポーツ用のレンズが出てきますから、さらにその流れがプロカメラマンにも波及

することになるでしょう。デジタル一丸のプロ機は重いですから、ミラーレスがそれを駆逐し始めるのであれば

あっという間に・・・ということはあるのかもしれません。

キャノン、ニコンがどう出てくるか、抜かれてしまっているのはニコンかもしれませんが、現在D850が好調で

在庫不足のリリースが2回も出てますから、キャノンもうかうかできませんね。

試し撮り AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR 

新レンズを投入、望遠系はサードの手振れなしだったのを一気に、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRに。
ズームが先頭なのは慣れかな、でもその分軽く思えたのはよかった。
どっちかというと、センサー汚れが気になる。w

シビアなピントのチェックはこれからかな。

sunset01

Sunset Edogawa River

sunset Mt fuji & Skytree

【D600】D600にベストなレンズは?【NikonRumors】

ニコンの噂を取り上げている海外サイト「Nikon Rumors」でD600にベストなレンズは何かというのが掲載されています。
主にDxOMark Scoreで並べていますのでレンズ性能としては確かなものであるとおもいます。

気になるところをピックアップしてご紹介します。
まずは標準ズーム
Best standard zoom lenses for Nikon D600
Lens Model                       DxOMark Score
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED         27
Tamron SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD         27
Nikon AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF    23
Sigma 24-70mm f/2.8 IF EX DG HSM         23
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/4G ED     22
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF]  22
Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR       22
Nikon AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G IF-ED     21
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED  18

24-70の大三元レンズとTAMRONの新型、手振れ補正のVC付きレンズが同じスコアですね。
コスパで選ぶならTAMRONでしょうか。
更に新型でいうとD600のセットモデルである24-85mm VCが22、24-120のVC付き新型が同じく22というスコアです。
ちょっと24-120はコストが高いだけに85mmから120までのズーム域とF4通しがどうしても必要ということでなければ
24-85mm VCでいいと思います。

単焦点では、広角ですと
Best wide angle prime lenses for Nikon D600

Lens Model                   DxOMark Score
Sigma 35mm f/1.4 DG HSM A          37
Samyang 35mm f/1.4 AS UMC          34
Carl Zeiss Distagon T 35mm f/1.4 ZF2    34
Nikon AF-S Nikkor 24mm f/1.4G ED      33
Carl Zeiss Distagon T 35mm f/2 ZF2     33
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G        33
Carl Zeiss Distagon T 25mm f/2 ZF.2    33
Nikon AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G        32
Carl Zeiss Distagon T 28mm f/2 ZF2     29
Nikon AF Nikkor 28mm f/2.8D         26
Nikon AF Nikkor 35mm f/2D          25
Carl Zeiss Distagon T 25mm f/2.8 ZF2   22

広角でのシグマ35mm f1.4の新型Artラインがランクインですね。これは納得というか飛びぬけています。
神レンズといわれるニコンの24mm f1.4よりもスコアが上ってすごいなぁ。。
さらに28mm f1.8 もスコア32で24mm f1.4が33だから、この差をどう考えるかですね。
28mmのコスパはすごいって事でしょう。
私もシグマの35mmか、ニコンの28mmか、どちらを先に買うか迷います。w

また、単焦点の望遠も衝撃的なスコアです。
Best moderate telephoto lenses for Nikon D600
Lens Model                   DxOMark Score
Nikon AF-S Nikkor 85mm f/1.4G           40
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G           40
Carl Zeiss Makro-Planar T 100mm f/2 ZF2     36
Samyang 85mm f/1.4 Aspherical IF         36
Sigma 85mm f/1.4 EX DG HSM             34
Nikon AF Nikkor 85mm f/1.4D IF          32
Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED  32
Nikon AF Nikkor 85mm f/1.8D             31
Nikon AF DC-Nikkor 105mm f/2D           31
Carl Zeiss Planar T 85mm f/1.4 ZF2        29
Sigma 70mm f/2.8 EX DG Macro            29
Sigma 105mm f/2.8 EX DG OS HSM           28
Tamron SP AF 90mm f/2.8 Di MACRO          28
Sigma 105mm f/2.8 EX DG Macro            28

85mmのf1.4とf1.8が同じスコア!!!w
もちろんボケ味は違いますけど、絞れば同じというのは、すごいレンズを出してますね。
私もちょっと考えるきっかけになり、さらにいろいろと悩み始めました。(^o^)丿

【注目製品】AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

イヤー、驚きです。

 

写真:AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

いきなりの80-400mm更新の噂、そして即座の発表。
80-400mmは旧製品が一番最初にVRを搭載した製品だったはず。2002年発売なので足かけ10年ですよ。
そして、急転直下のリニューアル。まだ価格.comにはページもできてませんから。。。

まず新しい製品の中身を見てみたいと思います。

 

「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」の主な特長

  • 焦点距離80-400mmのニコンFXフォーマット対応5倍望遠ズームレンズ
  • クラス最高レベルの高速AFを実現
  • 静粛なAF撮影が可能な超音波モーター(SWM=Silent Wave Motor)搭載
  • スーパーEDレンズ(1枚)およびEDレンズ(4枚)の採用による高い光学性能
  • フレアーやゴーストの低減に効果的なナノクリスタルコートを採用
  • 手ブレ補正効果4.0段(シャッタースピード)の手ブレ補正(VR)機構を搭載
  • AFがf/8まで対応しているカメラボディーに、1.4倍テレコンバーター「Ai AF-S TELECONVERTER TC-14EII」を組み合わせて合成F値が8になる場合でも、AFが可能

( 上記はニコンホームページから。)

 

・価格

まずは気に何る価格ですが、ニコンダイレクトの価格が276,600円、3/5の14時現在ではまだ価格のページもできていないので、どうなっているかわかりません。

旧機種の現在価格が15万8000円から16万1000円。まあ、10年前のレンズですからね。よく今まで売ってたなと。

70-200mm f/2.8が315,000円、今回の新製品が325,500円、1万500円の差!

 

・レンズの性能

しかし、主な特徴の最後はインパクトありますね。1.4倍のテレコンをつけてf8になるけど、それでも対応しているカメラがあるから使えるよねっていうのは、D600やD7100 に向けてのことなんでしょうかね。

FXのエントリーモデルにもつけてAFが効くっていうのはすごいですよね。

さらにD7100 でも400mm×1.4=560mmがさらにDXフォーマットだと1.5倍で800mmですからね。

テレコンはつけてませんが、作例でもDXで鶴の飛来している姿を撮っているものがあります。その画角に驚きますね、だって2羽の鶴を入れると、片方が画面から切れるんですよ!

ここまで寄れるのは大したものです。

それにはDXで撮りましたと書いてありますからね。いままでFXレンズでこんなことなかったです、そういう意味ではほんとよく考えてるなーと。

それも70-200を買う値段に、少し頑張れば買える値段っていうのがいいですね、70-200mmf/2.8と定価で比べると数万円の違いしかない絶妙な価格設定。

そして、レンズとしては全く違う内容のレンズ。ニコンはうまく考えてますね、もっと儲けてもいいと思いますけど。w

#ただ、同じ日に出たDXフォーマットのデジカメCOOLPIX Aはどう見ていいかわかりません。これは別ページで切りましょう。

 

・MTF曲線での性能予測

ニコンの製品紹介ページから借りてきました。MTF曲線です。
Wide端・Tele端

 
レンズの性能ですが、写真の作例で見てもいい感じですね。MTF曲線で見ても、Tele端の方がなんか性能良くない?w

70-200mm f/2.8とは性格が違うので単純な比較はできませんが、どう考えてもこっちの方がMTF曲線だけでも性能がよさそうなのがわかります。

70-200mm f/4と比べても曲線に変な曲りがないですね。さすがに最新設計で、10年も待たせた理由があると思います。

たぶん、この曲線だけ見ても性能的には最高に良い望遠ズームレンズであることは間違いないでしょう。

 

・重さ
70-200mmf/2.8 が1540g、新製品が約1570g(三脚座を含む)ですからほとんど変わりません。いいんじゃないんでしょうか。

・まとめとニコンの体質改善
まあ、性能的には申し分ないでしょう。重さもそれほどでもない。あとは実写でどんなものが出てくるか、注目ですね。更に一緒にテレコンを買いたくなって、さらに本体まで欲しくなるというレンズ沼&ニコ爺さんに落とし込もうという魔性のレンズ。w
そんな素晴らしいレンズでありますが、さらに今回の発表で気が付いたのは、ニコンからのリークされている情報がD7100以降減ってきているのが気になります。

情報漏えいは企業としては問題なので、まずいということではありますが、これだけ情報が洩れなくなってくるというのは何かが変わろうとしているんでしょうかね。
情報のリークは私自身は悪いものだけではないと思っています、それだけに期待を高めたりとか。
もちろん、情報が速く流出してしまって、買い控えが起きるのは問題ですけどね。
今後ニコンの製品からの情報リークがどうなっていくかというのも、すごく気になっています。

【噂】ニコンのAPS-Cハイエンドコンパクトが1-2週後に公開?(一部修正)

完全にD7100から興味が薄れてしまって更新をしていませんでした。

どうやらD7100はD300sの後継ではないという話が出ていたりもしますが、某雑誌には5月前後にD400かD7100fの噂もありますので、それまで取っておくとして新しい噂がNikon Rumorsに書かれています。

ニコンのAPS-Cハイエンドコンパクトが1-2週後に公開

http://nikonrumors.com/wp-content/uploads/2013/02/Image-sensor-size-compared.png

 

画像はNikonRumorsのものです。

NikonRumorasでは(一部翻訳が間違っていたので修正しました)

「ニコンのAPS-Cコンパクトカメラが1-2週後に公開されるであろう。この全体的な混乱はニコンが新しいクールピクスS3500をヨーロッパ向けに先週公開したことからきている。
私はD7100 と新しいコンパクトカメラが発表されると聞いていたので、ハイエンドAPS-Cサイズがアナウンスされるだろうと予測していた。そしてこの数日で入手した新しい詳細が入手された。
今までの発表も含めてまとめると

  •  18mm固定 f/2.8レンズ(35mmフィルム換算28mm)
  • 1620万画素APS-Cセンサー
  • ECPEED2 プロセッサ
  • Wi-Fi サポート

となる。」

さて、この噂はどうなるのでしょうね。
D7100と一緒にハイエンドコンデジ発表という噂は違っていたので、もともとのこの話の信ぴょう性がかなり怪しそうですし、コンデジでパッとしないニコンがいきなりAPS-Cという下剋上を図ってくるというのはかなり疑い深いと思っています。

もし本当だとしたら、一瞬スペックだけ見ると、「何だ、レンズが換算28mmで、f/2.8かー、ほかのコンデジはもっと明るいよー。ちょっと攻めきれていないスペックかなー」と思ってしまいますし。
もちろんDXフォーマットと一番小さい1/2.3インチの画素を使っているコンデジとはレンズの性能は全く異なります。センサ―が大きければレンズも大きくせねばならないというのは素人にもわかる論拠。小さいセンサーでは明るいレンズは作りやすい。大きいセンサーでは高性能なレンズは難しく高価になりやすい。
さらに技術的には交換式のデジイチでも単焦点の18mmというのは現行のラインナップにはなかったりして、新しく作り直したということになる。
また、イメージサークルを考えるとDXサイズで18mmというのは、比較的レンズ枚数が少なくて済む50mmなんかと比べてもかなり広角になるので、その面でもレンズ作りとしては、難しいということになると考えられます。

同じスペックはシグマのDP1Merrill

さらに同じようなスペックでのAPS-CでいうとシグマのDP1Merrillがあります。シグマのDP1Merrillのレンズが換算28mm f/2.8と、まさにほぼ同じスペックなんですね。
DP1Merrillは先日のCP+でもちょっと触りましたが、ちょっと触ったぐらいではきちんと撮れない。w
カメラの操作性はいまいちながらも、Foveon4600万画素のお化けセンサーから出てくる画像はとんでもないものですから、当たればホームランがバンバン出てくるカメラです。

さらに、一般的なスマホなんかでも広角気味の24-28ぐらいのスペックが多い。
となると、コンデジ、スマホ、そしてDP1Merrillなどと戦わなければならないマーケットエリアに攻めてくるニコン。
出てくる画像としては、明らかに別次元のクオリティーを出さなければならなくなるという、まさにレッドオーシャンに対抗できるのか。

そういった新たな挑戦エリアにあえて打って出のであれば、興味深い製品になると思います。

【D7100】D7100の連射バッファはD7000より少ない

ニコンの商品ページ詳細な仕様がわかってきました。

結論的には衝撃的な結果となりました。
正直D800からD7000まで、全部を見比べてしまいました。

連射バッファですが、D7000の弱点といわれ続けていたもの。連射のコマ数は6コマ程度あるのにもかかわらず、バッファが少なく2秒以下の情報しか格納できませんでした。これを改善してほしいというのがD7000ユーザーの切なる希望であったはずなんです。

さて、これがどうなったか。まずはD7100のカタログスペックから見ていきましょう。
D7100は1.3倍クロップモードがありますので2つになります。まずは通常DXモード

<D7100>

撮像範囲が[DX (24×16)]の場合

画質モード 1コマあたりの
ファイルサイズ(約)
記録可能
コマ数※2
連続撮影可能
コマ数※2、3
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約22.7MB 191コマ 7コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約28.5MB 148コマ 6コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約20.2MB 260コマ 9コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約24.9MB 217コマ 8コマ

ということになります。これから読み取れるのは圧縮RAW14ビットが8コマということです。これは6コマのD7100では1.2秒ほどしか連射ができないことを意味します。

そして、1.3倍クロップモードですが。

撮像範囲が[1.3× (18×12)]の場合

画質モード 1コマあたりの
ファイルサイズ(約)
記録可能
コマ数※2
連続撮影可能
コマ数※2、3
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約15.1MB 295コマ 12コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約18.8MB 229コマ 8コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約13.4MB 399コマ 14コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約16.3MB 334コマ 11コマ

 

圧縮RAW14ビットが11コマとなります。ただし、連射の7コマ/秒を達成させるとなると圧縮RAW12ビットになりますので、14コマとなり、7コマ/秒で撮った場合はちょうど2秒となります。
よって2秒程度がさて、比較対象としてD7000のバッファも書き抜いておきます。

<D7000>

画質モード
1コマあたりの
ファイルサイズ
記録可能コマ数
連続撮影可能コマ数※1
RAW(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約15.5 MB
291コマ
11コマ
RAW(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約19.4 MB
223コマ
10コマ
RAW(圧縮RAW/12ビット記録)
約13.6 MB
398コマ
15コマ
RAW(圧縮RAW/14ビット記録)
約16.7 MB
330コマ
12コマ

さて、結果としてまとめるとD7100 の場合、1.3倍クロップモードの時にD7000と同等のバッファ時間となり、通常のDXモードだと、1秒ちょっとでしか効かなくなるという衝撃的な結果です。

連射バッファで考えるのであれば、D600のDXモードで撮影した場合がバッファが61コマ、連射が5.5コマ/秒なので10秒近く持ちこたえられます。ただし、画素数は1040万画素程度。もちろんD600はFXのフルサイズですから、そんなことをしなくても2400万画素で撮影すればいいのですけどね。十分クロップ耐性もあるということになりますし。で、D600のFXモードだと圧縮RAW14ビットで16コマです。
約3秒程度の連射時間が確保されているということです。

<D600>

・[撮像範囲]が[DX (24×16) 1.5×]

画像サイズ
1コマあたりの
ファイルサイズ(約)
記録可能
コマ数※3
連続撮影可能
コマ数※3、4
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約10.9MB
426コマ
62コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約13.4MB
332コマ
38コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約9.7MB
571コマ
86コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約11.7MB
480コマ
61コマ

念のためD800のDX時の連射バッファも載せておきます。D800はDXモードになったら約1600万画素、さらにバッテリーパックをつければ連射も6コマ/秒になりますから、全く問題ないですね。

<D800>

・撮像範囲が[DX (24×16) 1.5×]の場合

画像サイズ
1コマあたりの
ファイルサイズ
記録可能
コマ数※3
連続撮影可能
コマ数※4
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約14.9MB
303コマ
38コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約18.6MB
236コマ
29コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約13.2MB
411コマ
54コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約16.2MB
343コマ
41コマ
RAW
(非圧縮RAW/12ビット記録)
約25.0MB
303コマ
30コマ
RAW
(非圧縮RAW/14ビット記録)
約32.5MB
236コマ
25コマ

DXの連射バッファだけでいえば、もちろんD800の勝ちとなりますが、ファインダーでは結局FXフォーマットの画角が見えてるんですね。もちろんガイドが出るからDXのフレーミングはわかりますが、画像が小さく見えてしまいます。
という意味で本当に使えるのかとなるとD800もD600もいまいち。

となると、結局DXはDX,FXはFXでという条件設定がされると、連射もバッファも早いというのは現行機種ではD4の次にはD600ということになります。
さて、D300sから乗り換えを考えていた方々はこれを見たときには衝撃だったでしょうね。
私も衝撃でした。
結局連射をするならD4かニコン1でということになるということを言いたいのでしょうか。
ちなみにD7000はD7100と平行で発売されるということ。
これは微妙な機種が出てきてしまいましたね。。。

 

【噂D7100】D7100の詳細スペック(写真&コメント追記)

どうやらD7100は本当に出して来るようですね。
nikon rumorsに最新の噂が乗りました。
今日はいろいろと出て来そうです。

Nikon D7100 specs

D7100 詳細スペック

●2410万画素 CMOS センサー
●6コマ/秒
●ローパスレス(D800Eと同様)
●51ポイント AF 15 ポイントクロス
●HDR機能
●露出 2016ピクセル RGB センサー
●液晶3.2インチ 1,229k ドット
●デュアル SD カードスロット
●EXPEED 3 プロセッサ
●ISO レンジ: 100-6400

とりあえずあげます。(11:41)

<追記: 12:45>

さらに、デジカメinfoさんのページには写真のリークが掲載され始めましたね。
これをもとにNikonRumorsもD7000の写真と一緒に掲載し比較できるようになっています。
下記写真はデジカメinfoさんのものです。

NikonRumorsのコメントをみると、『これがプロボディ?』とか。『パスだ!』とか、『D600みたい』などの結構辛辣なコメントが寄せられていますね。(現地時間的には眠いのかもしれませんけど。。。)
どうなんでしょう、これほどリークが直前にしか出てこなかった機種は久しぶりだと思うのですが、この後数時間後には正式な発表があるとのこと、情報管制から考えると素晴らしいですが、もう一山ありそうだと勝手に思っています。
だって、この仕様であれば、D7100って正常進化すぎますし、fといわれていた高速連射機が全く見えてきません。
もしかすると、バッテリーグリップつけて高速連射という話もありますが、このあたりの詳しい話は正式発表を待たないと出てこないでしょうね。

本当にこれだけだとすると、画素数をあげて、ローパスレス、そしてAFの強化というモデルであって、D300の後継モデル化というところには答えを出していないということになりますね。

さて、7DMark2のスペックが出てきていますが、このままニコンは連射モデルがD4以外にはなくなるというラインナップになっていくんでしょうか。このスペックだと、私もちょっと購入は控えようかと思っています。

nikon_D7100_f1.jpg

nikon_D7100_f2.jpg

 

nikon_D7100_b1.jpg

今日からCP+ 2013 今年のみどころは・・・

かなりのご無沙汰です。一日一写シリーズが終わってから毎日の更新をしなくなりましたのでなんか忘れ去れてないかなぁ・・・。
さて、今日からCP+ですね。

写真家さんたちのツイッターやFBには様々な書き込みがなされています。
昨年はD800の衝撃デビューであったため、それと比べてデジタル一眼はなく、ちょっとだけさみしい感じもしますが・・・

今年の狙いはズバリ、写真家さんたちのプレゼンテーションです。

新製品という意味ではあまり期待がない分、9月に発表されたD600を使ってどうとるのかとか、Nikon1V2 でどうやってとるのかという話が一番きになる。そして、高画素時代のレンズをどう選ぶかという話。
まあ、だいたい新しいレンズは高画素対応しているからいいんですけどねー。

そういった意味で今回個人的に気になる見どころは、
ニコン
阿部さん、中井さん
阿部さんはタムロンの元広報でしゃべりはうまい!中井さんもいろんな秘密兵器を仕込んでそうですしね。w

あとはV2でどこまで連射が出るのか、そして新しい広角レンズ18-35mmですね。新しい広角レンズはとにかく軽いという点しかメリットがないと思うのですけど、これでD600で広角、標準、望遠のエントリークラスがそろいましたので、よってらっしゃい状態になりますね。
800mmというお化けレンズも出しましたが、まあ、外から大きさ見るぐらいでしょう。w

シグマ
シグマといえば、レンズバー(正確には交換レンズ体験カウンター)でおねーちゃんたちが、レンズをもってきて、実際に自分のカメラで撮らせてくれます。
この仕組みは素晴らしくて、毎回ここで物欲まみれになってしまいます。w
今年はなんといっても35mmf1.8ですね、アートシリーズの第一弾、そして昨日30mmf1.4のAPS-C用レンズについても開発着手がはぴょうされました。30mmf1.4はシグマの中でもカミソリレンズとして大変評価を受けた製品です。
ただ、AFが合わないなどのトラブルも多かったと聞きます。今回は新しいラインで全品検査をしているから、大丈夫だとは思いますが、35mmf1.8を買おうと思っていたのに30mmかぁとなると、ちょっと迷いますね。
#行ってないのに物欲まみれ。。。

さらに今回はシグマにプレゼンステージが、塙さんや鹿野さん、小澤さんの話は聞いてみたいなぁーとおもっていたのですが、ちょっと時間が合わないようです。本当にもう一日いけたらいいのに。。。

こんなところでしょうかね。
ほかのとところも気になったりしているのですが、1日いてもたぶんこのぐらいしか回れない。
セミナーを聞かなれば楽勝なんですが、なんといってもCP+はプロの写真家さんたちがどう使って、どういう写真を撮ってきたのかというのが見れますから、そこが大きなポイントですよね。

あとは
アスカネット・・・最近はやりのマイブック、様々な写真家さんたちの作品もあるようです。
エプソン・・・新しい製品は?ないかもしれませんが、プリンター購入を考えているので見てみたい。
パナソニック・・・あたらしいGH3!私がミラーレスを最初に買ったのがG1だったので、気になります。
ペンタックスリコー・・・Q10のエヴァンゲリオンバージョン!!Q10は望遠ズームも出てf2.8通しが超小型で実現できますからねー、気になります。

まあ、とりあえずこのあたりにしておこうかなぁと。

私も様々調整して行ってくるつもりなので、詳細なレポートはまた後日!

新しいニコンのD5200の予定と来年のDXハイエンドの噂

Nikon RumoresがニコンがD5200を11月の6日前後に出すと報じています。
Nikon D5200 announcement on November 6th

新しいニコンのD5200は11月6日に発表されフランスの展示会、Salon de la Photoにて展示されるとのこと。
ニコンは依然として大きなショーの前に発表をしたがるようだ。次の大きな展示会は1月のCES、そして2月の日本のCP+だ。
私は1月、2月にニコンが新しい製品を出してくることを確信している。

というコメントになっています。
次のあたらいいDXが発表されそうだというところで、かなり盛り上がったのですが、D5200の発表でいきなりクールダウン。
ニコンのDX使いの人たちは一気に落ち込みました。

ところが来年のすぐに新たしいカメラ、これはDXフォーマットのフラッグシップであろうと目されています。
D300sは発売から3年半たっています。これは新しいDXフラッグシップに大いに期待ですね。

【一日一写】ニコンデジタルライブに行ってきた

ニコンデジタルライブに行ってきました。
今日の目的は中井精也さんのプレゼンを聞きに行くことです。
しっかり聞いてきました。
D7K_2017
先生が持つと「D3200みたいに小さいでしょ!」って完全にネタですね。w

つづく
続きを読む 【一日一写】ニコンデジタルライブに行ってきた