D600ファーストレビュー(連射バッファと高感度)

[D600]銀座ニコンで触ってきました。ファーストインプレッション
<<一部連射について追記をしました>>

NikonDigitalLive前にですが、銀座で触ってきました。

左が私のD7000、右が銀座ニコンショールムで借りたD600です。ほぼ一緒。

私が気になっているのは2つです。
1、連射バッファはRAW+FINEで何秒撮れるの?
2、高感度はどこまで使えるの?
という2つです。今回はこれを中心に見ていきたいと思います。

まずは1つ目ですが、結論として
1、連射バッファはほぼD7000と同じく2秒程度
設定はわたしが使用している設定にしました。
・絞り優先オート
・RAW+FINE
・画像サイズはLサイズ
・RAWは14ビット、ロスレス圧縮
・JPEG圧縮:画像優先
・高感度ノイズ抑制 有り―標準
・ピクチャーコントロール:スタンダード
・ISO800

これで1回だけですがやってみました。
SDで持ち帰り画像に保存された秒数をみると
1秒:6枚
2秒:6枚
3秒:1枚
4秒:1枚
うーん、残念ながら、バッファはそれほど積まれてませんでした。
あと1秒だけでも持ってくれれば。。。
あとはRAWの圧縮を変えたりすれば1コマ、2コマは増えると思いますが。。。
<<<追記>>>
私の持っているカードはサンディスクのEXTREAM PRO 45MB/Sでした。
これが、ニコンデジタルライブでは90MB/sをつけていました。

単純にですが連射が上記より増えて14-16コマぐらいにはなりました。
2400万画素だとJPEGも大きいので、これをNomalにすると18コマは超えてきます。
そして、圧縮をロスレスから圧縮RAWにすればさらに1コマぐらいは増えると思います。
14bitを12bitにするのは、諧調が落ちるのであまりしたくないですが、A4プリント程度なら私には気が付かなかったりしそう・・・。
いろいろやるとコマ数が増えそうなので、まずはD7000で絞り込みをしていこうと思います。

そうそう、私の使い方が特殊なのかもしれませんが現在RAW+JPEGで撮影しているものの、JPEGはバックアップでWebにあげるモノも、作品もほとんどRAW現像します。Webに上げるのはいまのJPEGだと大きすぎるので。
ただ、RAWだと壊れるとどうしようもないので、JPEGは保険で、ということになります。
ですが、JPEGも1600万画素だと6MB超えてしまうし、あまり使い道がなかったのがじっさいのところ。
Nomalでも大きいので、Basicでもいいかと思います。これならアップ用としては1MB程度にはなると思うので、
Facebookやブログにはいいかなぁ、ぐらいですね。 
<以上追記終わり>

さて2つ目の高感度特性についてです。

2、高感度ノイズ耐性は・・・かなり高いと思います!
ISO1600以上の写真を載せて置きます。
撮影条件としては
・ニコン銀座無い
・設定は上の条件、ノイズリダクション有(標準)
・RAW+FINEで撮ったものから、RAWをパソコンに取り込みNXで高画素でJPEG化しました。
・レンズは24-85VR
です。

今回の設定はいつも使っている高感度のノイズリダクション有り(普通)を掛けて撮影してみました。銀座のショールームで暗いところはないので、カメラが置いてある台を取ってみます。台の黒いところを見て頂ければノイズがどのくらいかわかると思います。ピントが合ってい無いかもしれませんが、ノイズだけ見てください。ちょうど黒い台でよくわかると思います。

これはどこまでノイジーなのかはご自分で見て頂いた方がいいと思います。
ノイズとしては1600ぐらいから乗り始めますが、3200から6400はあまり極端に増える感じはしません。

H1以上は基本的には緊急用ですが、それでも使えなくはないといった感じでした。

そういった意味でも私基準ではD600は高感度に強くていいと思います。

フリッカーで等倍に見れるようにしておきました。

・ISO1600
1600ISO1600

・ISO3200
3200ISO3200

・ISO6400
6400ISO6400

・ISO H1 12800
H1 12800H1 12800

・ISO H2 25600
H2 25600H225600

ーーー
D600の噂から発表までのD600関連記事
http://102photo.com/archives/tag/d600

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。