Canon EOS 6D正式発表なので【6DvsD600比較】

キャノンがEOS 6Dを正式発表されましたね。
完全にD600に対抗したものですね。ビギナーがランクアップのために購入するということなので、単順にスペックの数字だけで比較をして見るとどうなるかやってみました。
-----------------------------------------
比較をしてみると
・写真を撮る性能 ニコンD600
フラッシュ内蔵、シャッタースピード5.5コマ/秒、ファインダー100%、シャッター耐久性15万回、シンクロ1/200秒とD600が優位、ただし6DもAFユニットを低輝度(-3EV)に強い新型を用意してきています。

・安全性(カードスロット) ニコンD600
カードスロットは2つ、マグネシウムもカバーのみ、よってD600

・高感度 キャノン6D
額面上の感度ではニコンD600は常用6400、キャノン6Dは25600
ただし、具体的な写真で比較をしてみないと、このあたりのノイズ体制などは不明です。たぶん同程度と見ていますが、数字で今回は判断してキャノン6D。

・便利な機能 キャノン6D
wi-fi、GPS内蔵であるキャノン6D

・重さ
キャノン6Dが80グラム軽く、680グラム(本体のみ)

・価格 初値
かめらのキタムラで、予約時の価格が低いのがキャノン6D(178,200円)、ちなみにニコンD600は196,200円と18,000円の差があります。
これも、あくまで初値でこれからどうなるかということですが、この差は大きいとみています。

----------------------------------------

まとめますと、
価格勝負でいろいろ削ってきたキャノン6D、基本性能をきっちりまとめてきているD600と、かなり名勝負になってきていると思います。
ニコンは今年D800でキャノンにかなりアドバンテージを付けました。実際に発売されて、どういった戦いになるのか、非常に面白いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。