【GR】新しいGRはAPS-Cでノイズ低、軽量、軽快!【見てきた】

先日、リコーの5/24に発売予定の高級コンデジ、GRを見てきました。
IMGP0408

GRは人気シリーズで今までもデジタルで何台か出ていますが、今回のはいいですね。

なんていったって本格デジタル一眼レフと同じAPS-Cを採用。
普段使っているD7000とおなじ大きさの素子だから、多分ノイズも強いはず。
室内で撮ってみましたがISOが400から800しか上がりませんでした。高感度体制はとても強そうです。
これはいいですね。

そしてあのエフェクト、モノクロをかけたJPEGを使いつつ、RAWでも撮れるから、失敗してもRAWデータが残っています。
キャノンのS110には無かったところですね。たとえば、こんなエフェクトを駆けた画像であってもRAWデータがあるので、気に入らなかったらRAWを使えばいいって言うのもできます。
R0010009

さらに、エフェクトに入るモードは左横のボタンで入れます。
メニューの階層をたどらなくてもいいのはとっても嬉しい。
IMGP0410

操作で言えばとにかくコギミいいAF!シャッター。これはいいですね。
そして親指AF、つまり押しているときだけ動くと云う上級デジタル一眼にしかついていないボタンが付いてます。
IMGP0411

そして、28mmレンズですが、どうやら噂では史上最高のレンズだそうです。レンズだけの比較をしたそうですが、唯一負けたのは2つのレンズ、カールにーさんのレンズだけだそうです。さらに35mmクロップもありますから、ちょっと寄って撮りたいと云うのもOK。
私自身は後でトリミングするよりもクロップがあればそのままJPEGで使いたい人なので、でこの機能は嬉しいです。

外に持ち出せなったので残念ですが、十二分にいい感じのカメラ。
うーん、これは欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。