【D600】ローパスフィルターにゴミが付く問題について公開

ニコンは2月22にD600のローパスフィルターにゴミが付く問題について公開しています。
http://www.nikon-image.com/support/whatsnew/2013/0222.htm

抜粋すると
デジタル一眼レフカメラ D600において、撮影した画像に複数の黒い粒状の像が写りこむ現象について、一部のお客様からご指摘をいただいております。
この黒い粒状の像は、カメラの作動によりカメラ内部の細粉や外部から侵入したゴミがローパスフィルター上に付着して写り込んだものです。

さらに対策としては

対応について

 お手元にあるD600使用説明書(P.321~324)「ローパスフィルターのお手入れについて」に記載された手順に従って、イメージセンサークリーニングやブロアーによる清掃を実施してください。
イメージセンサークリーニングやブロアーでも除去しきれない場合がございますので、本現象が気になる場合につきましては、弊社サービス機関にご相談ください。
お預かりの上点検を行い、必要に応じた対応を実施させていただきます。

と説明しています。
この話、この程度の対策でよいのであればもっと早く公開すべき事象であったと思います。
カメラから初期段階にゴミが出るのは個人的には普通だと思っていますし、ローパス掃除って普通に自分でしてしまう人なので別に叩くつもりもないのですけど、かなりネットで話題になっていましたからね。。。

もう少し早くてもよかったんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。