【D7100】D7100の連射バッファはD7000より少ない

ニコンの商品ページ詳細な仕様がわかってきました。

結論的には衝撃的な結果となりました。
正直D800からD7000まで、全部を見比べてしまいました。

連射バッファですが、D7000の弱点といわれ続けていたもの。連射のコマ数は6コマ程度あるのにもかかわらず、バッファが少なく2秒以下の情報しか格納できませんでした。これを改善してほしいというのがD7000ユーザーの切なる希望であったはずなんです。

さて、これがどうなったか。まずはD7100のカタログスペックから見ていきましょう。
D7100は1.3倍クロップモードがありますので2つになります。まずは通常DXモード

<D7100>

撮像範囲が[DX (24×16)]の場合

画質モード 1コマあたりの
ファイルサイズ(約)
記録可能
コマ数※2
連続撮影可能
コマ数※2、3
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約22.7MB 191コマ 7コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約28.5MB 148コマ 6コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約20.2MB 260コマ 9コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約24.9MB 217コマ 8コマ

ということになります。これから読み取れるのは圧縮RAW14ビットが8コマということです。これは6コマのD7100では1.2秒ほどしか連射ができないことを意味します。

そして、1.3倍クロップモードですが。

撮像範囲が[1.3× (18×12)]の場合

画質モード 1コマあたりの
ファイルサイズ(約)
記録可能
コマ数※2
連続撮影可能
コマ数※2、3
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約15.1MB 295コマ 12コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約18.8MB 229コマ 8コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約13.4MB 399コマ 14コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約16.3MB 334コマ 11コマ

 

圧縮RAW14ビットが11コマとなります。ただし、連射の7コマ/秒を達成させるとなると圧縮RAW12ビットになりますので、14コマとなり、7コマ/秒で撮った場合はちょうど2秒となります。
よって2秒程度がさて、比較対象としてD7000のバッファも書き抜いておきます。

<D7000>

画質モード
1コマあたりの
ファイルサイズ
記録可能コマ数
連続撮影可能コマ数※1
RAW(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約15.5 MB
291コマ
11コマ
RAW(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約19.4 MB
223コマ
10コマ
RAW(圧縮RAW/12ビット記録)
約13.6 MB
398コマ
15コマ
RAW(圧縮RAW/14ビット記録)
約16.7 MB
330コマ
12コマ

さて、結果としてまとめるとD7100 の場合、1.3倍クロップモードの時にD7000と同等のバッファ時間となり、通常のDXモードだと、1秒ちょっとでしか効かなくなるという衝撃的な結果です。

連射バッファで考えるのであれば、D600のDXモードで撮影した場合がバッファが61コマ、連射が5.5コマ/秒なので10秒近く持ちこたえられます。ただし、画素数は1040万画素程度。もちろんD600はFXのフルサイズですから、そんなことをしなくても2400万画素で撮影すればいいのですけどね。十分クロップ耐性もあるということになりますし。で、D600のFXモードだと圧縮RAW14ビットで16コマです。
約3秒程度の連射時間が確保されているということです。

<D600>

・[撮像範囲]が[DX (24×16) 1.5×]

画像サイズ
1コマあたりの
ファイルサイズ(約)
記録可能
コマ数※3
連続撮影可能
コマ数※3、4
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約10.9MB
426コマ
62コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約13.4MB
332コマ
38コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約9.7MB
571コマ
86コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約11.7MB
480コマ
61コマ

念のためD800のDX時の連射バッファも載せておきます。D800はDXモードになったら約1600万画素、さらにバッテリーパックをつければ連射も6コマ/秒になりますから、全く問題ないですね。

<D800>

・撮像範囲が[DX (24×16) 1.5×]の場合

画像サイズ
1コマあたりの
ファイルサイズ
記録可能
コマ数※3
連続撮影可能
コマ数※4
RAW
(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)
約14.9MB
303コマ
38コマ
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
約18.6MB
236コマ
29コマ
RAW
(圧縮RAW/12ビット記録)
約13.2MB
411コマ
54コマ
RAW
(圧縮RAW/14ビット記録)
約16.2MB
343コマ
41コマ
RAW
(非圧縮RAW/12ビット記録)
約25.0MB
303コマ
30コマ
RAW
(非圧縮RAW/14ビット記録)
約32.5MB
236コマ
25コマ

DXの連射バッファだけでいえば、もちろんD800の勝ちとなりますが、ファインダーでは結局FXフォーマットの画角が見えてるんですね。もちろんガイドが出るからDXのフレーミングはわかりますが、画像が小さく見えてしまいます。
という意味で本当に使えるのかとなるとD800もD600もいまいち。

となると、結局DXはDX,FXはFXでという条件設定がされると、連射もバッファも早いというのは現行機種ではD4の次にはD600ということになります。
さて、D300sから乗り換えを考えていた方々はこれを見たときには衝撃だったでしょうね。
私も衝撃でした。
結局連射をするならD4かニコン1でということになるということを言いたいのでしょうか。
ちなみにD7000はD7100と平行で発売されるということ。
これは微妙な機種が出てきてしまいましたね。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。