【D7100】正式発表 D7100  驚きの1.3倍クロップで35mm換算2倍の画角!

ニコンがついに正式発表しましたね。

高い描写性能と被写体捕捉性能を小型・軽量ボディーに凝縮した
ニコンDXフォーマット デジタル一眼レフカメラ「D7100」

http://www.nikon.co.jp/news/2013/0221_d7100_01.htm

スペックをバーッと見ました。最初のリークされていた仕様では入っていなかった1.3倍クロップで7コマ/秒というのが入っています。

「D7100」は新たな撮像範囲、「対DX 1.3×クロップ」での撮影が可能です。装着レンズの約1.5倍の焦点距離に相当※1する撮影画角となるDXフォーマットから、さらに約1.3倍、つまり装着レンズの約2倍の焦点距離相当※1の撮影画角となるため、被写体を引き寄せて撮影することができます。「対DX1.3×クロップ」時には、51点のフォーカスポイントが画面全域を広くカバー。また、約7コマ/秒※2の高速連続撮影もでき、動きの速い被写体でも的確に捉えられます。

連射はこのクロップ1.3倍のクロップした時に秒7コマという話なんですね。
約1540万画素になるこの機能、これだと、35ミリフィルム換算でDXは通常1.5倍の画角になりますが、さらに1.3倍なので35ミリフィルム換算が2倍になるという代物、70-200が140-400になるってことですね。
さらに、この時に連射が7コマ/秒になるとのこと、これはうれしい!
うむむ、この機能は裏切られました、やりますね、ニコンさん。

ただし12bitRAWモードです、14bitではないんですね。

さらにこの時に効いてくるのが51ポイントAFセンサーですね、たぶん画面のほとんどがセンサーポイントになるでしょう。D800のDXクロップと同じです。
さらにf8対応までしていますから暗くなっても安心です。

バッテリーはEL-15なのでそのままD7000のものが使えます。個人的にはこれがどうなるか気になっていました。

さて、考察ですが
まずはスペックに現れて来ている連射速度、これがキャノンの7Dに本当に対抗できるのかということですね。
そして、ボディはD300にはなりえないスペック。これがどう出るかです。

たぶんこの1.3倍クロップという新機能が来年あたりに熟成されて次の機種に入るころには、さらに高機能化されている可能性がありますね。

あとはスペックにまだ現れてきていないの連射バッファとISOのノイズですね。
今までのDXフォーマットと同じものだとすると、すぐに購入だーとはいかないですね。

いずれにしてももうちょっと情報が出てくるのを待つ必要がありますね。

―――――

プレスリリース「D7100」の主な特長から抜粋

・有効画素数2410万画素、ニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載

・常用撮像感度域はISO 100からISO 6400、最大ISO 25600相当(Hi2)までの増感設定

・画像処理エンジン「EXPEED 3」が特に色再現性、階調処理、高感度画質に優れた効果を発揮

・NIKKORレンズのシャープな描写力を最大限いかすため、光学ローパスフィルターを用いない仕様を採用

・新開発アドバンストマルチCAM 3500DXオートフォーカスセンサーモジュールを採用

・中央部15点にはクロスタイプセンサーを採用し、さらに、中央1点のフォーカスポイントはf/8まで対応

・新たな撮像範囲、「対DX 1.3×クロップ」での撮影が可能

・装着レンズの約1.5倍の焦点距離に相当※1する撮影画角となるDXフォーマットから、さらに約1.3倍、つまり装着レンズの約2倍の焦点距離相当※1の撮影画角(画像サイズは約1540万画素)

・1.3倍クロップ時は約7コマ/秒※2の高速連続撮影も可能なため、動く被写体をすばやく、確実に捉えることができます。

#いずれも画質モードはJPEGまたは12ビットRAW。

・ボディーサイズは幅約135.5mm、高さ約106.5mm、奥行き約76mm、質量は675g

・上・背面カバーにマグネシウム合金を採用して高い堅牢性を確保するとともに、ボディー各所への効果的なシーリングにより、高い防塵、防滴性能を実現

・新採用、使用頻度の高い機能に素早くアクセスできる「<アイ>ボタン」
ファインダー撮影時、ライブビュー撮影時、再生時に、それぞれのシーンで便利な機能に簡単にアクセスできる「<アイ>ボタン」を液晶モニターの左下に設置しています。設定を変更したい機能の選択画面をダイレクトに呼び出し、撮影時には通常撮影・ライブビュー撮影それぞれの機能選択画面を、再生時には画像編集メニュー画面が即座に表示されます。

・新機能、ライブビューでホワイトバランスのプリセットが可能な「スポットホワイトバランス」
ライブビューでユーザーが選択した被写体の一部を基準にしたホワイトバランスのプリセットが簡単にできます。「スポットホワイトバランス」により、グレーカード等の必要がなく、また超望遠レンズをカメラに装着したままでもホワイトバランスを素早く設定できるため、屋外での撮影やスポーツ撮影、風景撮影をする際にも有効です。

・視野率約100%、ガラスペンタプリズム使用の高性能光学ファインダー
光学ファインダーにはガラスペンタプリズムを使用し、視野率約100%を確保しています。倍率は、ファインダー内表示まで含めたすべての視覚的要素を把握しやすい約0.94倍※です。

・新採用、有機EL表示素子
ファインダー内表示(撮像範囲下の情報表示部)には、高輝度、高コントラスト、低消費電力を実現する有機EL表示素子を採用。高い視認性を確保し、低温時の応答速度も向上しています。

・新搭載、RGBW配列の約122.9万ドット広視野角3.2型液晶モニターRGBW配列を新たに採用し輝度を向上

・1920×1080:30p/60i対応のマルチエリアモードフルHD Dムービー

「D7100」のその他の特長
・レリーズタイムラグ約0.052秒※1、最大約7コマ/秒※2の高速連続撮影
・15万回のレリーズテストをクリアーする、高耐久シャッターユニット
・コマンダー機能搭載の内蔵フラッシュ
・SDメモリーカードダブルスロット
・新発売、マルチパワーバッテリーパック 「MB-D15」(別売)対応
※1CIPAガイドライン準拠。
※2「対DX1.3×クロップ」時。「DXフォーマット」時は最高約6コマ/秒。いずれも画質モードはJPEG または12ビットRAW。CIPAガイドライン準拠。

 

 

----関連記事----
【D7100】D7100の連射バッファはD7000より少ない

【D7100】正式発表 D7100  驚きの1.3倍クロップで35mm換算2倍の画角!

【噂D7100】D7100の詳細スペック(写真&コメント追記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。